mission YAGI

ドビュッシー:前奏曲第2集11番「交代する3度」

お芝居を過激な回数観に行ったり、発表会の選曲やアレンジで手間取ったり、ピアノが弾けない時間が多かったのですが、弾いてないわけではありません。参考までに母からの禁断の一言。
「アンタ、いっつも遅おまでピアノ弾いて。学生の時より、よお練習してるんちがう?」んな事ないわっ!

母が耳にしているであろう、遅くに練習してるのは、たいていこの曲。目を閉じても弾ける箇所が増えてきて、スピードも上げてってます。10分も弾けば疲労困憊。あのね十六分音符のトレモロ77小節連続とか、無理難題はやめましょ、ホント。身体に悪い感じになので、一日の最後にとっておきなのです。

しかし先生によると「ヤギくん」は。この曲を。とってもお上手にお弾きになる。この曲を。

YAGI! ゆるさん! YAGI! ハードル上げやがって!! YAGI! アンタのせいで確実に合格レベル上がってんで!

仮想敵はYAGI。打倒YAGI。YAGI、殲滅すべし。

そのような矮小な考えで練習をしていますと、音楽も小さくなるようです。今日、ゆっくりとテヌートのついた音と、ついていない音を整理して弾く練習をしてみましたら、「鋭く速い」と思っていたタッチがどうやら間違っていたらしい事に気付きました。ああこの曲も~ハーフですか~そうでしたか~でも高速なんですね~(爆涙)

YAGI遠し…←

mission YAGI” に対して8件のコメントがあります。

  1. おばけママ より:

    で,

    YAGIくん,だれ???

    イメージ。

    しろやぎさんーからおてがみついたーくろやぎさんーたらよまずにたべたー
    しーかたがないからおてがみかいたー3どのれんしゅうっどしたらいいのー

  2. なおこ より:

    >おばけママさん

    ヤギくん…どちら様やろね…ホント、教えて欲しいっす。弾いてるとこ見せろってんだ!

  3. より:

    昔、読んだ(練習した、ではないのが残念ですが)、カルカッシギター教則本に、「うまい演奏とよい演奏は違う」とあってナルホドなと思った次第です。上手な演奏がどちらに属するのかは微妙ですが、なおこ先生には“よい演奏”を目指してほしいッス!

  4. もも より:

    ヤギクンと申しますと、以前ブラマン2に出ていた役名のヤギクンを連想ww

    彼はピアノ弾きだったのね(笑)

    そぅいや魔弾の射手ってのンがあったっすねぇ〜

    ・・・BR観よ([E:cherry]現実逃避www)

  5. なおこ より:

    ゙>う様

    「うまい演奏」と「よい演奏」……どう違うッスか?
    本気でわからないです…(。_。*)))
    「カルカッシギター」も知らないです…アカンやん私…いや、それは後で検索しまっす!!

  6. なおこ より:

    >ももさん

    ヤギクン、そっち?
    いやいや、さくらんぼ収穫しないと。化粧箱に入れられるのは、ももさんだけですやん。明朝バラお願いしまあす。

  7. より:

    カルカッシは、クラッシックギターの定番の教則本です。ピアノで言うとツェルニーの練習曲集かなぁ。
    本棚から引っ張り出してきたので、転載してみますね。

    うまい演奏と良い演奏
    うまい演奏が必ずしも良い演奏とは言えない。陶工の作ったうまい茶碗が安値で売られ、大茶人、大人物の作った茶碗が非常に高価に売買されているものもある。ギターでもイェペスやアニードの演奏はうまい演奏ではあるが良い演奏とは言えない。ハインツ・ビショップ教授の演奏又はカールシャイトの演奏はうまくはないが良い演奏である。それは立派な教養と、音楽の中に哲学も宗教もあるからである。人物完成の努力こそ最も必要である。聴衆の教養が茶人の教養ぐらい高くなればいわゆる「うまい演奏」は嫌われてしまうだろう。
    (改定版カルカッシギター・教則本 溝淵浩五郎編著から抜粋)

  8. なおこ より:

    >う様

    わざわざありがとうございます!
    転載して…大丈夫ですか(汗
    おかげ様で、ちょっとイメージができたかもです。良い演奏かあ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

日本の食卓

次の記事

Pace Down