試弾

毎度おなじみ!
…と言いつつ、結構お久しぶりです…な、
教室のピアノのメンテナンスをお願いしている荒木さんのおられる、うたまくら.さんのピアノ工房に行って参りましたぁ。

お目当てはこのコ! フッペルさんの試弾です。

Hupfel
ぢゃん!!! 見慣れないロゴでしょ~?

なんと、日本に4台しかないグランドピアノなのだそーです!!(゚0゚)
貴重なピアノ、弾かせてもらうのは今しかなあーーいっ!

今回はモーツァルトのソナタの2楽章を主に弾き比べてみました。練習していて、もっといろんな音色が出せないかな~と思っていたもので…。ハーフタッチ、ペダルもハーフと、いろいろ細かい作業をしながら仕上げた曲だけど、果たしてヤマハ以外のピアノで弾くとどうなるんだろうかと。
むむむ…厳しい…思うようにまったくできないっすよ…

小さいながらも素直な響きでよく鳴るコです。教室にある大きめのグランドピアノからすると、すこーし物足りないような…でも、これは弱音の曲だからそう思うだけで、ショパンのエチュードとかを何時間も練習するとしたら、これくらいが良いような…

むむむむむ。←長考入りました。

弾き終わってから、荒木さんのお話しをゆっくり聞かせてもらいました。どんなご苦労があって、どんな思いがあって、今もどのようにお世話をし、来るお嫁入り(買い手さんの元に手渡す)の日を迎えるか…ピアノを愛しそうに撫でながら話す荒木さんの目は、いつものようにとっても優しいのです。やっぱり、荒木さんと話してると、ピアノがとっても好きになるな。
荒木さんの愛情いっぱいに受けたフッペルさん。まだ目覚めたばかりなので、これからまだ少し変化しそうな予感です。また弾きに来させてもらおう、お嫁入りするまでに。

そんで私は…やっぱ、経験値上げていかないとな。どんな音色のどんなピアノをどんな風に弾きたいのか、ブレが多すぎてイケマセン。基準を作っていかないと。去年もそう思ったのに、これは進まなかったな…やりのこしです。反省。

フッペルって、どんなメーカー? と気になった方はコチラ。荒木さんのブログをご覧ください。

今年最後のピアノのオベンキョは、やっぱり荒木さんでした。来年もどうぞよろしくお願いします。

さて、今日も練習するぞーーーっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

またまたお手伝い

次の記事

音大同窓会