久々ライヴハウス!

 リトミックを一緒に勉強している仲間のジャズピアニストさんに誘われ、久々にライヴハウスに行ってきました! ホント何年ぶりでしょー。堪能しましたぁ~。

 ジャンルはフュージョンとお聞きしてましたが、ビートルズありーの、ラリーカールトンありーの、セッションではコリアのスペインありーの、で、なかなか楽しかったです。2バンドで1つのライヴだったのですが、どちらも○○高校の軽音部の卒業生だそうで。同窓会さながらの雰囲気で、とても暖かい感じが何よりも楽しかったです。

 私は一応、中学生くらいから「音大目指して…」という道を歩み始めてしまったので、ピアノの先生からは「クラブ活動は一切厳禁」と言われてました。今思えば…損しちゃったかも…。中学生になるまで、専門がピアノではない先生に教えてもらっていて、実力の割りに教本が進んでいなかったのが原因かもしれませんが(ピアノ科出身ではない先生でも素晴らしい先生はおられますよ~もちろん。私の先生は教本の進め方がゆっくりだったのかもしれません。受験したいと話していなかったし)。毎週ツェルニーを3曲宿題に出され、翌週にできてないとイケナイ、と今思えば結構ハードなレッスン(^_^; 高校生になってからはピアノより哲学の勉強がしたい、とか思ってサボッてばっかりだったし…(-_-; ぶっちゃけ、試験本番の最中、弾きながら「あ!先生がずーっと言ってたのはこういう事か!」と気づき、それまで最高の出来で弾けちゃったので、運良く合格したよーなもんです。本当の意味でのピアノの楽しさ、厳しさは、大学生になってからわかりました。遅い~。

 でもやっぱり、クラブ活動っていいですね。吹奏楽部やオーケストラ部で毎日忙しいながらも通ってきてくださってる生徒さんが何人かおられますが、ピアノも部活もきちんとこなしていて、とても充実している姿を見ると、羨ましく感じます。もちろん音大志望というわけではないけれど。現在、音大に行きたいという生徒さんはおられないですが、もし今後来てくださったら。「部活は禁止」とは言いたくないなあ…。バレーボール部筆頭に、怪我が怖くて練習が抜けにくい体育会系クラブは困るかもしれないけど。そういう仲間を作るのって、大切。そう思った一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

お知らせとお願い