マルチタスク

バッハ:平均律1巻6番、9番

イベントづいてますが、練習もしてます。してますが…年末から今まで、まったく進んでません。やった練習といえば、どれもこれもガッツリ、ハノン弾き。

理由があります。マルチタスクじゃないからです。不器用なんです、頭の中も。

クリパ! 直前までは何とか練習してたんです。しかし1週間切ったあたりから、イマイチ練習内容の記憶が無い。頭の中がイベント主催者モードになっちゃって、切り替わらないんです。こういう時は、ボーっと練習しちゃいます。気がついたら時間「だけ」が過ぎていたり。指だけが走って、打鍵した感覚と、空気とピアノの振動だけで満足してしまう。耳も心も麻痺して…寝てるんかな? ショパンのエチュードなんか格好の餌食です。メトロノームの目盛がぐんぐん上がる感じです。おっと、実際はそんなに上がらないです。気持ちね、そういう「感じ」。

もうアカン! てことで年末に、一番何とかしたい、6番のプレリュードを暗譜。

はっ!!!Σ( ̄ロ ̄lll) やっぱり聴こえてないとこがいっぱい…

そして今日。いい加減何とかしよう! フーガも暗譜や!

うおおっ!!!!(lll゚Д゚) やっぱり全然聴いてなかった!!!

一方、ちっとも譜読みが進まない新曲、平均律1巻9番。フーガが、ヘンレ版の指使いだと弾きにくいことにやっと気付き、自分で考え直すもしっくりこず、春秋社版で弾きなおし、またヘンレに戻るという遠回り。消しゴム使いすぎ。もう嫌だ。もうこれで弾くもん(/_;)

ピアノの「旧約聖書」とも言われている、バッハの平均律。好きですよ~大好き。聴くの大好き。弾くのも楽しいです。弾くたびに新たな発見が。あちこちに宝物が。6番、やっと拾えそうな気がしてきた。明日も弾こ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2012年の予定

次の記事