トーンチャイム

グループレッスン2日目です。

今日のレッスンは、こちらからスタート。グランドピアノの後方に置かれているブツ。

Tc01_2
スーツケース!……ではありません。

Tc02
トーンチャイム~。

発表会では1年ぶり…くらいの登場です。棒の中には音叉が入っていて、透明で涼やかな音がします。今回は人数が少ないし、初めての方や小さい子も多いので、あまり複雑な事はできません。

つことで「秋の歌」。
いつもならハーモニーも奏でますが、んんんーー今回はどうしよっかな…
ん!! メドレー。メドレーにしよ。

トーンチャイムの音色なら、単旋律でも聴き応えがあります。短い曲だと、いつもは単旋律→ハーモニーをつけてアレンジ、なのですが、今回はメロディのみで次々に曲を変えてみよっと。

つことで「秋の歌」、他に思いつく人ーーー。
「柿!」…柿の歌…? 無いやろ。
「松茸!」…それも無いやろ。
「タケノコ!!」それ春。
「栗」………おっ!! 大きな栗の木の下で!!!

てゆっか食べ物ばっかだね…

もう1曲、食べ物でないものも追加。いや食べる事もありますが、あまり食べないもの。曲追加なのでぇ、

Tc03
自分の弾く音をチェック~。

…なんでみんな、そんな端っこに?
「挟まりたいねん。」そうなんや…ま、止めないけどね…

トーンチャイムの皆様は、これから毎週1回合わせの練習がありますよ。

「先生、発表会の曲の弾き合いは?」あうち。時間なくなった。ごめん…みんな毎週会うから、次の時!

スーツケースのような物の奥にある、黒いボックスはミュージックベル。ハンドベルの小さいものです。どちらも25音あります。ミュージックベルは25音タイプのものでも銀メッキのものが一番お高く、音色が綺麗です。教室にあるのもそのタイプ。

ミュージックベル(ハンドベルの小さいの)とトーンチャイムの最大の違いは、音色の次に、扱いやすさと思っています。ベルは打つたびに金属が減るようで、音が狂ってきます。銀メッキの持ち手も手袋をしないと腐食してきます。その点、トーンチャイムは音の狂いもなく、腐食もしません。お値段も同じですので、教室で使うなら、ハンドベルと合奏する予定がなければ、トーンチャイムがお勧めです。

音が綺麗でよく響くので、単旋律でもピアノの伴奏が要りません。むしろ無い方がいいんじゃないかなあ。いつも私は伴奏しません。指揮もしません。それでも合うところがミソです。タイミングを合わせてお辞儀をするところから、アンサンブルです。

みんな一緒なので、レッスンも爆笑の渦。発表会まで、仲良く楽しくがんばりましょー。

トーンチャイム” に対して6件のコメントがあります。

  1. より:

    「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」
    正岡子規の秋を代表する名句ですが、これに楽曲を付けたものがあるそうで。
    中坊の頃、修学旅行で訪れた法隆寺で、引率の先生から聞いたな~と、思い出話。

  2. なおこ より:

    >う様

    「桃栗3年、柿8年」の歌がある、と言い張る子もいました。どっちも知らないです~。
    「ジュゲムジュゲム」の歌なら知ってます。えっと確か、サックスが坂田明さん。歌というよりは、節回し…かなあ? ピアノで演奏するのは難しいです。

  3. より:

    「桃栗3年、柿8年」の歌ですが、映画「時をかける少女」(主演 原田知世)に出てきますね!

    「桃栗3年、柿8年。柚子は9年で生り下がる。梨の大馬鹿18年」だっけな。
    このことわざの後に、映画で創作した歌詞が続きます。

  4. なおこ より:

    >う様

    え? 「時をかける少女」って、アニメじゃなかったですか?←
    主演の原田知世さんって、どなたですか?←←
    知らないでえっす、そんな昔の映画←←←

  5. より:

    え~、なおこ先生と僕とでは、いくらも歳は違わないじゃないですかぁ~。←←←←ウソ

  6. なおこ より:

    >う様

    ですよね、ゆとり世代ですもんね、お互いね!!!←←←←←

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

2012年9月のレッスン