タンバリンの作り方(グループレッスン)

紙パックのタンバリンの作り方!

 

用意するもの

1000mlの牛乳パックなどの紙パック…3つ

・小さな鈴…6個

・両面テープ

・千枚通し(あれば)

・デコるもの(各自ご用意ください)

 

2017080608

 

作り方

1.紙パックは洗って開き、乾かしておく。胴体の部分を底から7cmの高さで横に切り取る。1パックにつき2つ分切り取ることができる。それを3パック分、合計6個作る。

(ここまでは各ご家庭でご準備をお願いします。グループレッスンには紙パックを切ったものをお持ちください。もし可能であれば、予備を多めにお持ちいただけると安心です。)

 

2017080609

 

2.紙パックを三角柱になるように折り重ね、両面テープで固定する。

 

2017080610

 

3.鈴を紐に通す。

 

2017080612

 

4.紙パックの角に千枚通しで穴をあけ、鈴の紐を通して結びつける。全部で6個作る。

 

2017080611

2017080613

 

 

5.鈴のある角と反対側の面に両面テープを貼る。

2017080614

6.6個を貼り合わせる。

20170815_2

 

7.外側を包み紙や色紙などで貼ったり、絵を描いたりしてデコる。

 

 

外側が白いのがいいのかなと思って作ってみましたが、結果は中の牛乳の文字が目立ってしまうことに…

外側のデコり方にもよりますが、透けないような厚紙を貼るなら、中を白い面にした方がいいかもしれません。

この楽器はうーんと、可愛くデコることをがんばってほしいです! 素敵な発想で考えておいてくださいね。

デコ用として、教室では画用紙と色鉛筆を用意しています。

それ以外の物はお持ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です