グループレッスン・4日目

今夏のグループレッスンは、同じものを同じクラスで2回受講していただきます。本日はソルフェージュ2クラス、ピアノデュオと連弾1クラスの2回目のレッスンです。

ソルフェージュ1のクラス。幼稚園年中さんが無理なくできて、小学校4、5年生の生徒さんも飽きない程度のものを…と考え直した結果、穴埋めメロディー聴音をメインにしました。あらかじめ用意したプリントをザクザク消化していきます。4拍子で拍子をキープしながら音を聴く練習をしてから、4拍子4小節、全音符の穴埋め聴音に挑戦。これも年長さんが意外な実力を発揮して驚き。8小節、ド~ソまで進むことができました。リズムの聴音のおさらい、2拍子のリズムカードを使って自分でリズムを作り、手で打つ。全員で続けて、テンポを変えずに自分の番がきたらリズムの作ったリズムを打つ。聴音の基礎、「拍を数えておける」事を常に行う課題を選びました。

ソルフェージュ2のクラス。始めにメロディー聴音。あらかじめリズムパターンの提示のある曲を穴埋め式聴音。次に和音聴音。ドミソ、ドファラの和音の響きの違いを聴き、歌ってハモる。次に2拍子のリズムカードを使ったリズム聴音。これは皆さん慣れてます。4小節まで聴音しました。最後に2つのチームにわかれ、自分たちで作った問題を相手チームに当ててもらうゲームで終了。

ピアノデュオのクラス。今回は連弾のお友達同士の生徒さんも一緒です。デュオはモーツァルトの2台のピアノのためのソナタ。1楽章の提示部のみでしたが、お互いの音を聴きつつ、相手を尊重しながら音楽を作る楽しみが伝わったでしょうか。連弾はトラブルメーカー。たった1週間の練習でも、かわいい息のあった曲に仕上がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です