お休みなので。

お友達とケーキを食べに行きました。これだ!!

Choco1

チョコ専門店なのです。お友達の身体は半分がチョコでできているので、補給しないといけないんです。小さいマカロンが、侮れないほどにチョコ濃厚。大きい天使の羽みたいなのは「ムラング」…メレンゲを焼いたお菓子にチョココーティングをしてカカオを振ったもの。この中は!

Choco2

クリームたっぷしー。普通、こんなにクリーム食べられないですよ? ここのは別。ムラングと一緒に食べると

「ンッマ! マッジ! ヤッバ!」(友達:談)すべて付点のリズムですね。そのお友達ご注文のお品はこちら。

Choco3

ままま、よくある感じのチョコムースです。これが!

Choco4

中のムースが激しく柑橘系! 濃いのか? 爽やかなのか? 濃い? 爽やか? もうわかんねー。チョコとオレンジの組合せの潔さが突き抜けてます。

「これ作った人、天才! 天才!」(ワタクシ。ムラングの時もそう言った)

ピアノの先生二人がお洒落なカフェで

「ンッマ! マッジ! ヤッバ!」「天才! これ作った人天才!」「コーヒーとまたバッチリ! ンッマ!」「この組合せ、キタ! すっご。これ考えた人、天才!」

大騒ぎ。あっという間に食べたのでそんなに長時間迷惑はかけてませんよ。

このように十分に脳に糖分を補給した後、(お友達は体内にカカオ分を補給した後)、おとな発表会の打合せをしたのです。つまりここからが本題です。演奏順など、ああでもないこうでもないと、さっきとは別人のようなテンションで真面目に打合せ…というか、相談に乗ってもらったんです。いつも一人で数日間だらだら考えるんですが、あっという間に決まりました。

やはり一人で考えるのは限界があります。いろんなものの見方があるわけで。会話から生まれるものもあります。そこに美味しいものがあれば、より良いものができるはず。

こちらのお店の本命のチョコケーキはあえて外してます。リベンジを誓い、お店を後に。どこのお店かは秘密です。うひひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

bachCage

次の記事

ニット帽のおにいさん